養女のように見送った乙女が

2019.12.12
あるカップルが結婚の夢を馳せて、ごはん茶碗を物色している。
二人の熱々気分が、その観察に夢が乗る。


その時の、微塵も疑いのない想いが、その茶碗を芸術品に変える。
量子だ
愛という途方もない意識が。。。
そこに神が乗り移る。
10年、いや永遠という長い年月を超え、その芸術品は、その疑いようのない愛を保時する。


斯くして、人は芸術家だ。
その茶碗を創った、芸術家の芸術を超え芸術の上書きだ。


だから、芸術家は人を観る。
愛する子供を養女に出すように、その人に夢を託している。


量子場調整は、技術であるが、芸術なのだ。
その夢を、託している。
その上書きが素晴らしくできるように、
その芸術の精度を上げようとしている。


なんのために
最高の芸術になるためって言ってるだろ。
2019.12.12 06:27 | 固定リンク | 思いついた事

人間生きている以上無理だ

2019.12.12

誰しもの人生は芸術だ。
負け犬のように生きるのも、勝者で生きるのも
同じ芸術だ。


誰しも創造しているのだから。

しかし芸術は作業ではない
芸術は、意識の味がする。


病気であろうと、失敗者であろうと
死であろうと、例外ではない。


そこに意識の味がある。

誰しも物を見ているだけではない。

もし物をだけを見ているのなら
芸術にはならない。


意識が絡む全てが
芸術と言える。


作業は
意識が関わらない仕事と
定義してもいいかもしれない。


AI搭載の創造するロボットであろうと、
量子コンピュータであろうと
勝手に考えるコンピューターであろうと
意識が関わらない限り芸術にはならない。


そんな状況に近ずく現代の社会。
完全依存に駆り立てられる中で
意識が排除される。


だが、人間生きている以上無理だ。
。。。人はみんな芸術家なのだから。
2019.12.12 06:13 | 固定リンク | 思いついた事

準備は万端

2019.12.12

12/10
久々のハワイだ!


今回は、滞在期間を短くし、
4日間最高の贅沢を選択した。
一般のホテルだと、一週間もいると
200万円ほどはかかるだろう
2ベットルームのスイート仕様。
それ以上の仕様を、もう一組3泊滞在での講座を開催。


定員は4、5名だったが、
参加者が二人だけになったので
彼女たちには、最高のおもてなしになるだろう。


それに加えて講座「クリスタルゲート 32」

これは、おそらく彼女たちの人生を大きく変える。
意識と無意識
陰陽のパワー
顕在意識と潜在意識
この三つのそれぞれの中間にある二つのゲートを
意識的に開け閉めするもので、完全な形である
クリスタル32と共に使いこなす。


この技術は、身体の中にある性質の異なる
1、身体の中心近くにある肚の二つのゲート
2、中脳の左右にある二つのゲート
3、脳下垂体と松果体周辺にある二つのゲート
を集合意識世界にまで技術展開したもので
話せば尽きない素晴らしさと発見があるが
実際の生活の中でマスタ-してもらいたいと思い
今回のハワイ合宿になった。


準備は万端、明日二人が到着するのを待っている
かあちゃんと私でした。。。。。

 

岩尾和雄

記事検索

お知らせ

サイトリニューアルに伴い、ブログも新しくなりました。

Check list

« 2019 / 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

- CafeLog -