見えないし観えない

2019.11.21
子供から成長期にかけての、歯が伸び背丈も伸びつつある時は、成長力そのものが良きにつけ、悪しきにつけ噛み合わせを合わせる。

しかし、大人になって歯が伸びなくなると、その隙き間を頭蓋骨や身体の方でカバーするため、身体の諸症状をつくることになる。

この時、下顎でカバーする場合は、身体の諸症状に現れ、上顎でカバーする場合は、頭蓋の形状が変化し顔や目の大きさ、脳内の血行などが変化し、何らかの精神症状や慢性的な偏頭痛などを誘発する。

単純なのだが、
どちらも、噛み合わせの歪みだとは気づかない。
歪んだところで噛み合わせが、安定してしまうからだ。


大人の、99パーセントは歯の噛み合わせに歪みがあるが、その違和感を上記のように、身体や感情、精神が受けとめるため、加齢やストレスだろうと、その変化に気がつかないのだ。

 全体の数パーセントは、歯科治療後の違和感で気づくが、その違和感を深追いすると、さらにひどくなる。

 
まさに、この噛み合わせは、気づいても気づかなくても八方塞がりの問題だ。


この問題は、本質的な問題なのだが、その本質が観えないから、一般的に知られず終いになっている。

そこで、
見えない、この本質に挑んでいるのが、量子場調整なのだが、これもまた、一般的に見えにくい。


。。。困ったものだ。。。またぼやいてしまった。
2019.11.21 01:13 | 固定リンク | つぶやき

心の巧さ

2019.11.18
西洋は、分析が得意なので、医学や電気、内燃機関、飛行機、コンピュータなど世界のほとんどの発明をしている。
中国は、爆発力のような力を夢見ていたのか、火薬を発明した。他にはない。
しかし、目に見えない世界では、気という勢いそのものを発見し、生活や食べ物に生きている。


日本はというと、物理的な発明は何もない。

世界の発明のほとんどは、西洋に端を発する。
彼らは天才的だ。
ただし、物理の世界においてはだ。


日本の発明は、意識の世界にある。
自然や、動物、人と人、住居などの関係においてたくさんの発明をしている。
これを発明というよりも、創意工夫といったことだと思う。


日本は、自動車にしてもテレビにしても、建築にしても断然素晴らしい創意工夫をたくさんしている。

ここで、何を言いたいかというと

日本人は本来、物よりも心の巧みさ工夫にある。
この良さが、量子と結びつくのである。
2019.11.18 21:33 | 固定リンク | つぶやき

観察者は、誰が何を観察しているのだろうか。

2019.11.15

 科学者は、できるだけ自分の思いを入れないように様々な事象を観察しようとする。
それが物事を、明確に判断する基準だ。


もし、あらかじめ良い結果を出そうと、望みや既成概念が絡むと信頼性のある結果ではなくなる。
だから、科学者はニュートラルな心を大切にし、正直であろうとする。


一方、量子場師は、病気の惨状がどうあろうと、健康な思いをもって観察をしようとする。
それは、科学者からすると、理解の範疇を超える。
嘘で、塗り固めようとするのか?


この二つの、観察は真逆だ。

この二つの観察には、確かに相入れない要素がある。

しかしである。
相入れるのだ。


科学者は、物理を見ている、
物理は過去の産物だ。
現実も観察された時には、過去の事象になっている。
だからここにイメージは邪魔なものになる。


量子場師は心という量子を見ている。
心は、量子は未来の材料だ。
未来は設計図のごとくイメージによって創られる。


ここで、誰がこのイメージを観ているのか。
ここが重要なところだ。


イメージは、未だ現実ではないがために、
観ている者は、意識なのである。


そのために、量子場師にとって、現実や判断は邪魔なものにさえなる。
それは、斬新な家を建てようとした時、
今まであった古い家にこだわる必要がないのに似ている。


だから、両方の観察は真逆ではあるが、共に正しいのだ。
2019.11.15 17:17 | 固定リンク | 思いついた事

 

岩尾和雄

記事検索

お知らせ

サイトリニューアルに伴い、ブログも新しくなりました。

Check list

« 2019 / 11 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

- CafeLog -