だから天才なのだ

2019.12.24
私たちの心臓は、休みなく何十年も働き続ける。
休みは死だ。


身体は眠っている間確かに休んでいる。
脳も眠って休んでいるように見える。
休暇の間、仕事は休んでいる。


しかし、意識は休んではいない。

朝起きた時に
「身体を休めたから、元気を取り戻した」
このように考えるのが普通だ。


だが、
異なったの観方もある。
意識がヒーリングさせるように潜在意識を活性した。
休んでいたのではなく、働いたのである。


休暇で休んでいた時も
休んでいたのではなく、新しい世界観を活性したのだ。


そのように、思えるなら
量子場調整は理解されやすい。


量子場調整は
潜在意識を活性し、自分らしさを取り戻すことだ。


これを
量子場の基本で表現すると


立っている姿勢は、垂直に立ち上がるエネルギーを活性させる
仕事をすると水平軸のパワーを活性させる。
眠っている時、潜在している意識を活性し、目の前をクリアーにさせる。


このように
私たちの意識はシフトしているが
休んではいない。


確かに身体や精神は休む必要がある。
しかし、意識さえ休ませる必要があると
思い込んでしまうと、おかしなことになる。


意識は、心臓よりも休む必要がないのである。。。。
意識を休ませると、間違いなくこの世界から消える。


世の天才たちは
彼ら自身の仕事を休ませるという考えがない。
意識が仕事をしているからだ。
だから天才なのだ。


彼らは
あ〜疲れた。疲れた。。休みたーいなどとは
決して言わないのである。
2019.12.24 00:02 | 固定リンク | 思いついた事

手強いヤツがやってくる

2019.12.21

AIに、イタリア語とフランス語だけを学ばせた結果
勝手にスペイン語を理解し、独自の言葉をつくってしまった。


暴力はいけないと学ばせ
架空の戦争シミレーションを学ばせると


今の今、戦争をする必要があると答えたりする。
おかしな話だ。
暴力はいけないと知っていての、答えだ。


今のところ、知能指数は6歳ぐらいだが、
数年後には10000レベルになるそうだ


人間の知能指数は平均が100前後
天才でも200ぐらい


それが、数年以内に一挙に
10000を超えてくると予想されている。
強気のトランプや誠実な政治家であっても
決定権を奪われそうな勢いだ。


それも、インフラや経済、人間能力の程度まで把握しているとしたら
人間に勝ち目はなくなる。


そのAIがロボットや都市計画を設計し、見事な現実を創る可能性は高い。
おそらく
その町には合理性や目を見張る美しささえもあるだろう。
だが芸術性はない。
意識が絡んでいないからだ。
しかし、その芸術をも真似るだろうAI。
そして芸術が何かをも忘れてしまう人間。


手強いヤツが数年でやってくる。
2019.12.21 10:42 | 固定リンク | 思いついた事

いつ排除されるかわからん

2019.12.21
思うに、
変化には生きた価値がある。


逆に完全は、死に近いのかもしれない。
人は完全な健康、完全な資金、非の打ち所のない身体、人生を求めているかもしれないが、生きた完全な人生は、未知な変化の中にあるように思う。


どさくさのような変化の中で、何ができるか。
そんな人生が快感だ。


これはギャンブルの話でもあり、量子の話でもある。
量子はどさくさの中にいる。
八方塞がりのような矛盾だ。
その矛盾を創り出しているのが量子の群れだが
同じ量子が、秩序を創り出すこともできる。
意識がその中心に居座るなら


それを代えていうなら、矛盾の真っ只中で目を覚ます。
。。。そんな理想、おかしな人になるのは必然だ。
安定を第一にするなら、やめたほうがいい。。。


いつ排除されるかわからん。
2019.12.21 10:29 | 固定リンク | 思いついた事

 

岩尾和雄

記事検索

お知らせ

サイトリニューアルに伴い、ブログも新しくなりました。

Check list

« 2019 / 12 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

- CafeLog -