量子の知性と能力に気づくだろう

2020.04.05
コロナウィルス騒動はSF小説のような感じになってきた。
大半の人たちは、こんな状況になるとは思ってもいなかっただろう。


もともと私はSF世界が好きで10年ほど前から書き進めていた
「量子の知性」もこんな感じの世界状況を題材にしている。


その中では、全世界的な突然の社会的パニックが起こり、
その状況を切り抜けるのが量子の知性であるといった感じだ。


今の状況は量子場の技術が世に出る、まさにその時時だと思う。

量子の認識によって、誰でも普通不可能と思われがちな
呼吸力を高めたり免疫力を高めたり出来るのである。


前回応募者多数のため打ち切った、無料遠隔量子場調整を4月いっぱいまで
再募集しようと思う。(無料メルマガ登録要)


https://ticket.tsuku2.jp/eventsDetail.php?ecd=52022130900001

また、量子場調整バージョンアップ(一万円)
定期遠隔調整の施術も同時に再募集しよう。


https://ticket.tsuku2.jp/eventsDetail.php?ecd=00103111202291

その中で、自分自身の意図に従った量子の底力と
能力に気がつくに違いない。
2020.04.05 17:01 | 固定リンク | 思いついた事

子供の頃はあった

2020.03.31

子供の頃、創造する力は万全とあった。
だが何を創造すればいいか分からなかった。


大人になって、何を創造したいかわかってきた。
だが、創造する能力そのものが無くなってしまった。


ここで、今私たちの前に立ちはだかっているのは
悪習のかたまりであり、勘違いであり、失敗であり不安だ。
それらの後遺症と現実が壁になっている。


これらの事が、創造力を煙のように覆いかぶさり
何がなんでなんなのか、わかりようもない。
だから
これらを払拭するのは、ほとんど不可能だ。


誰しも習慣という過去を変えることは
難しい。
それが悪習であるならなおさらのことだ。
超気持ちがいいからだ。


だがその気持ちの良さに漂うとすぐに
病気や老化の波が押し寄せる。


しかし、、、
悪習といえど全くの不可能ではない。


ここに、技術があれば。。。

ほとんど不可能な、人間が空を飛ぶことを
可能にしたのは
飛行機という技術である。


同じように、この不可能を可能にするのは
技術にほかならない。


ここに
量子で創られた技術がある。
今の今、不安や恐怖を超え、壁の向こうに繰り出す
最も熟した時がやってきている。


宇宙から、莫大な知識と冒険心を持った
量子群がやってきているのだから。


冒険のその時はやってきている。
子どもの頃に持っていた創造力そのものを
取り戻す冒険。


子供の頃と違って、創造するべきものは知っている。
愛であり、幸せであり、自分自身の輝く自分自身である。


それらは、勝手に創造される。
悪習やらなんやらを手放す準備があるならばの話だが。。。。
2020.03.31 00:15 | 固定リンク | 思いついた事

細胞から美しくなる

2020.03.26

宇宙からの量子にさらされると、どうして美しくなるのですか?
という質問を受けた。


よっく聞いてくれました。
それは、こんな感じです。


洞窟に長く住んでいると、目が萎縮してチンチクリンの眼に
なってしまいますが、光に慣れるにしたがって活き活き輝き
美しくなります。


同じように、量子に意識を向け慣れるにしたがって、チンチクリンの
細胞が直観力を得て活き活きと美しくなるのです。


ここで、過渡期があります。
長い間洞窟の暗闇に慣れている人が、光にさらされると一時的に
緊張感が高まります。


この時に
もし親や仲間に、光は心に悪いものだと諭されると、
不安なところでそんな感じでもあるので洞窟に逃げ込むでしょう。
ここに
光と意識の間で条件反射が成り立ちます。
このことによって、死ぬまでチンチクリンの眼で洞窟を出ないことになります。


同じことが今コロナ騒ぎを含めて起こっている真っ最中です。

この量子の時代、直観から目を背けると永遠にチンチクリンの身体で終わります。
肉眼は量子を見ることはできませんが直観は観ることができます。


今の今、
ここ東京はコロナのオーバシュートの瀬戸際と言っていますが。


量子の世界も今のいま
世界的に進化か退化かの、オーバシュートの瀬戸際にいます。


直観に目を向けるのはおそらくガイドが必要ですね。
量子の性質は、時空間は関係ありませんので、どこにいても
遠隔でのガイドができますよ。
2020.03.26 11:59 | 固定リンク | 思いついた事

 

- CafeLog -