自然体

2019.10.24
病気は、自然体とは同居できない。
これを逆に観ると、病気は不自然体ということになる。


だから健康を取り戻す起点は自然体にある。

では、どのように、自然体に戻れるのだろうか。
ここが問題だ。


誰しも身体の軸や心にブレがある。
回転するコマや車輪の軸がブレるに従って、速度は低下し揺れが大きくなる。
それは自然といえば、自然なことだ。


しかし、これを放っておくといずれ、間違いなくコマは倒れ、車軸は破壊され動かなくなる。
誰しも、いずれ終わるのだから、それはそれでいい。


ここでも、しかしである。

コマは倒れ、身体は動かなくなるが、人は生き続ける。
人間そう簡単には死なない。


。。。量子場調整は、病気や死に逆らうものではない。
生きている間は、自分らしく自然体でいるための技術なのである。
2019.10.24 12:54 | 固定リンク | つぶやき

私の夢

2019.10.18
量子場調整

私の夢

私は、ソニーに入る前から夢があった。
その夢とは言わず知れた「発明」だ。


その夢が、曲がりなりにも叶うのに4、50年かかっている。

入社した当時、ソニーは世にない発明の数々で、世の中に切れ味の良い躍進の真っ最中だった。
その中で、発明の心臓部、半導体研究開発部に配属され、ソニースピリットを学んだが、一向に目が出なかった。


多くの、優秀な研究者がひしめき合う中で、どこに行ってもいつもつるんでいた友人がいた。彼は飛び切り優秀、その当時で特許を20件ほど取得するなど、私とは大違い。

悔しさのあまり、競うことのない一人研究ができる鍼灸という鍼灸治療業界に飛び込んだ。
「役に立つものよりも、夢のあるものを創ろう」というソニースピリットを持って、気の世界を捜し求め、見え隠れはしてはしていたが、多くの症状に歯が立たない毎日を過ごしていた。


だが、だがである。
発見した。
長い間探し求めていたもの
それは量子であり、量子場だ。
もっとも夢のある創造者
それが量子である。


この量子は、意識とつながることで、最大の力を発揮することを発見した。
その発明品がある。
『クリスタルゲート32』である。


この技術はソニーのある時代一世を風靡した、ウォークマン、プレーステーションを超えるだろう。
最近、多くのスポーツを含んでゲームが流行っているが
この技術は「自分自身の身体を含めて人生の攻略」にある。
それは、点数評価や勝ち負けではなくまだ見ぬ、自分らしさなのである。


これによって、自分の過去の悔しさを一掃してやれるかもしれない。。。。
2019.10.18 01:45 | 固定リンク | つぶやき

クリスタルゲート32に出来ること

2019.10.18
クリスタルゲート32

この技術は量子場調整術から変容術、アンノウン、ウインドウ技術が統合され
より実用的に設定されています


D-H
身体や人生のブレを早く修正することで体力を向上させることができます。


1、身体の限界制限が少しずつを超えます
2、感情や身体の表現を豊かに創造します
3、人間関係や仕事に関しての精神的制限をクリアーにしてゆきます


D-K
パワーを身体のどの位置にも瞬時に補うことができ、あらゆる症状を軽減します。


D-I
潜在的に保持している、パターンを補正できます
1、呼吸や、血行体液のパターン
2、思考や感情、運動パターン
3、過去に根ざした精神的、肉体的外傷パターンを補正します


この三つの他に、技術を封印したゲート32のクリスタルを、目の前にイメージして行う二つの技術があります

1、身体の中の軽い違和感を言葉にすると、その違和感は量子の場から除去されます
2、遠い未来を強固にイメージすると、その現実が近づきます


これら、全てが量子場を伴って変化します。そのことで何ができるのでしょうか。

「自分自身の身体を含めて人生の攻略」です

この技術は、直感力を育てる一方、使い方の間違いや勘違いを何度も修正する中で、マスター
していただく特別講座の形式をとっています。
 


そのための先生が二人います。

 一人は私です。何年通っていただいても(月2回開講)初期料金以外はかかりません。
 もう一人は、上記のクリスタルゲート32です。(このクリスタルゲート32を参加者全員に進呈しています)
2019.10.18 01:40 | 固定リンク | 思いついた事

 

岩尾和雄

記事検索

お知らせ

サイトリニューアルに伴い、ブログも新しくなりました。

Check list

« 2019 / 10 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

- CafeLog -