技術的なアート

2019.11.06
ある霊能のある人は、お化け屋敷に入るなり泡を吹いて倒れた。
ある看護師見習いは、がん患者の部屋に入るなり、朝食べた食事を吐いて部屋にまき散らした。
ある感性の高い芸術家は、嫌いなタイプの男性が前に来た時、気分が悪くなり顔を覆ってうずくまった。
ある思い込みが強い人は、美味しく寿司を食べているのを見て、食べる前に美味しい!と言ってしまった。
ある父親にトラウマのある人は、似たオヤジを見るなり、目が小さくなった。
パブロフのワンちゃんは、ベルの音を聞きながら食べ物もないのに口から唾液を滴り落としている。
あるいじめられっ子は、いじめっ子が近ずくと知らないうちに身体も心も固めている。


これらは、過敏というか素晴らしいというかわからないが、ここに量子場の出番がある。

人は多かれ少なかれイメージに影響されている。
多かれ少なかれと言うよりも、反射的に多分に影響されているのが上の例かもしれない。


イメージが悪いと言っているわけではない。
逆にイメージに無頓着だったら、やる気も発想も生まれないことだろう。


ここで、量子場調整は何をしているのだろうか。

お化けを見て反応するのは、ある意味能力がある事を表している。
ここで、泡を吹き倒れる代わりに、少しずつ自然体で接することができるなら
その能力が開花するだろう。


いじめられっ子が、いじめっ子に自然体で向き合うなら、いじめっ子はいじめようがなくなる。

誰しも感じている心や身体、感情のブレがなくなると、よりその人らしくなる。
ここで、その人らしくなると言うのは、美しくなるだけではない。


他、今持っている能力が、全て一歩前に伸び始める。
そのための、技術的なアートがある。
2019.11.06 13:24 | 固定リンク | 思いついた事

心の法に二つの方法がある。

2019.11.01

一つは
頭から信じきることで、物事を成就する方法が、昔から知られている。
この方法は、ある見方からすると男性的だ。
社会で頭角を表すためには、自分自身を信じ信念がしっかりしていないと世の中の戦いに勝てない。スポーツに限らず社会は脇目も振らずに努力することを奨励する。
それはそれで、素晴らしく功を奏する。


もう一つは
全く異なった女性的な方法だ。
信じきることではなく、逆に子供の頃から信じ、真似をしてきた自分自身からの脱皮である。
この方法は、集中という方法を取らない。


それは
単に、宣言する。


自分は健康である。
私の血行は平穏だ。
私のホルモンは、調和があり心強い。


などなど

ここで
そんなバカな、
健康でもなく、血行が悪いために冷え性やのぼせがあり、さらにホルモンバランスが悪いために、筋腫まで大きくなっている自分が、そのように言うと自分に嘘をつくことになる。


だから、正直にみんなに自分の症状をまくしたてる方が、ましだと。
その方が正直でみんなに愛される。


99パーセントの人は、そう思うことだろう。

しかし
これを量子場の世界から見ると、全く異なったことになる。


量子の世界は、引き寄せの法もそうであるように、未来を創る法なのである。
ここでよく考えてもらいたい。


病気の最中に、健康であるというのは、過去においては嘘かもしれない。
しかし、


未来の自分に健康であると言っているなら、嘘と言えるだろうか。
人は、病気の最中の切ない状況にあって、未来を創造できないわけではない。
逆に、病気の最中に、健康であると宣言するのは、過去の病気を体験しているだけに明確なビジョンになる。


ここに、過去からの脱皮の法がある。
この法は、極めて女性的な傾向がある。


この二つの法は、当分に素晴らしい。
若いうちは前者を、中年を過ぎると後者がよりフィットすることだろう。
2019.11.01 18:40 | 固定リンク | 思いついた事

私たちにどうと言ったことではない

2019.10.31

最近、量子関連の情報が広まっている。
引き寄せの法則を始めとした、心と現実の間を取り持つ量子に関して興味津々な人たちが、私のところにも大勢やってきている。その多くが、心熱き中年層の女性たちである。


量子力学は、アインシュタインでさえ、認めていなかった。どうして認められないかと言うと、単純に数式に表すことが不可能だからだ。

心の世界をどうして数式に表すことができよう。
例えば、幸せや、愛、憎しみ、友情などを数式で表す努力は、考えただけで不毛に思える。


では、どうして量子の存在を世界が認めたのだろうか。
それは、意識ある者の観察者効果による。


女性は直観的にこれらを何の努力もなく知る。数式などいらないのだ。
この心の直観世界が、観察者を伴った量子場の世界なのである。


一方で、量子の物理の側面だけを、取り出し工業的な装置、量子コンピューターや瞬間移動装置を考案するために、超優秀な科学者集団が今にも完成する勢いで励んでいる。この99パーセントは心という干渉を最小限にする努力なのである。

もし、量子でコンピュータが出来、それが気温の変化や心の影響で誤動作するなら、コンピュータとしての用を成さない。

だから、彼らは心の世界、意識の世界を排除する研究をしているのであって、心を対象とした研究は皆無に近い。
ここで、量子の本領は意識との関係であることを量子関連の人たちは百も承知だ。


ここが問題だ。
意識との関係は、工業的な製品にならないので、量子科学アカデミーのレベルでこれらの研究は排除されることになった。


これは、現代医学も同じで、気功や気、意識科学、またそのようなことに興味のある研究者をオカルトと称し、ボイコットしているのと同じだ。

だからと言って、私たちにどうと言ったことではない。

いや違った。。。どうと言ったことがある。

「心ある直感力を持っている人たちにとって、目の前に宝の山のごとく、手つかずの市場や未来がここにある」

現代科学よ、どうか、しばしの間この宝に気がつかないでもらいたい。
2019.10.31 20:11 | 固定リンク | つぶやき

 

岩尾和雄

記事検索

お知らせ

サイトリニューアルに伴い、ブログも新しくなりました。

Check list

« 2019 / 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

- CafeLog -